暗号資産

【Matr1x】$FIREはどこで買える?仮想通貨取引所での買い方について解説!

当サイトにはPRリンクを含む場合があります。
keyring-exchange

仮想通貨FIREトークンを実際に売買して取引することができます。

この記事では、Matr1xの仮想通貨FIREトークンの取引所での買い方や購入方法について解説します。

仮想通貨は送金元を間違えたなどトラブルが多いです。

仮想通貨の取引や送金には、必ず少額から行うなど慎重に行いましょう。

仮想通貨$FIREとは?

 

FIREトークンは、MATR1Xのゲームトークンとして使用されます。

仮想通貨$FIRE
発行枚数1,000,000,000
ブロックチェーンPolygon
コントラクトアドレス0x24fcFC492C1393274B6bcd568ac9e225BEc93584

$FIREはどこで買える?

日本時間の2024年02月01日18:00にバイビットに上場します。

そのほかに、Kucoin、BingX、BitGetで上場予定です。

バイビットで口座開設する

$FIREの買い方!

仮想通貨FIREトークンを購入する流れを解説します。

FIREを購入する流れ

日本円→XRP→USDT→FIRE

1.国内取引所で口座開設をする

はじめに、国内取引所で口座開設します。

当サイトでは、国内最大級の銘柄数を扱っている「ビットバンク」を例に紹介します。

取引所 SBI VCトレードビットバンクGMOコインコインチェック
取扱通貨数20銘柄37銘柄26銘柄27銘柄
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
販売所手数料無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
出金手数料無料550円/770円(3万円以上)無料407円
送金手数料無料0.1XRP無料0.15XRP
公式サイト詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

口座開設の具体的な手順

  1. 公式サイトへアクセス
  2. メールアドレスとパスワードの設定
  3. 本人確認の手続き
  4. 個人情報の登録
  5. 本人確認書類を登録

ビットバンク公式サイトへ

2.国内取引所で仮想通貨を購入する

はじめに、日本円で海外取引所に送金する仮想通貨を購入します。

購入する仮想通貨は、イーサリアム(ETH)やバイナンスコイン(BNB)でも良いですが送金する速度が早いXRP(リップル)を購入するのがおすすめです。

取引所からXRPをタップし、数量を選択し購入します。

3.海外取引所バイビットで口座開設をする

仮想通貨USDTを購入できる海外取引所バイビットで口座開設をします。

XRPを海外取引所に送金し、USDTに換金していきます。

バイビットで口座開設しましょう。

バイビットで口座開設する

4.バイビットに仮想通貨を送金する

国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所バイビットに送金します。

はじめに、バイビットでXRP(リップル)の入金アドレスを確認します。

入金をタップします。

入金するXRP(リップル)とチェーンタイプを選択し、確認ボタンをクリックします。

入金するために必要なウォレットアドレスと入金タグ/メモをコピーします。

ビットバンクの送金画面に移動します。

「メニュー」→「出金」を選択します。

コピーしたウォレットアドレス、宛先タグを入力します。

宛先タグは、先ほどコピーした「入金タグ/メモ」になります。

宛先タグを登録しないと、送金後反映されない可能性があるので必ず行いましょう。

5.バイビットでUSDTを購入する

XRP(リップル)の入金を確認できたら、まず海外取引所で暗号資産の取引を行うために必要なUSDTのステーブルコインに交換しましょう。

ホームから「XRP/USDT」を検索します。

XRP/USDTを選択し、XRPを売却しUSDTなどのステーブルコインにします。

「買い/売り」項目から売りを選択します。

売りを選択したら取引方法を選択します。

すぐに取引を行いたいときは成行注文でいいでしょう。

取引が完了したら、次は購入したい「FIRE/USDT」を検索し、「買い」を選択しましょう。

注文金額を設定すれば取引することができます。

まとめ

本記事では、仮想通貨FIREの概要や、仮想通貨取引所での買い方について詳しく解説しました。

FIREを購入するために、必要な工程が複雑です。

送金先を間違えたなど、実際に仮想通貨のトラブルが起こっています。

仮想通貨の取引や送金には少額から行うなど慎重に行いましょう。

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-暗号資産