NFTゲーム

プロジェクトゼノ(XENO)はどのぐらい稼げるのか検証してみた!NFTはいくら儲かるのかも調査!

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

PROJECT XENOは、今までの課金型ゲームと違い、NFTの売買やプレイして稼げる新時代のゲームです。

筆者も実際にプレイしていますがPROJECT XENOは、戦略性が高く時間を忘れてプレイしてしまうほど面白いPvPゲームです。

この記事では、「PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)」を筆者が正式リリースからプレイして、実際にどのぐらい稼げるのか?、NFTはいくら儲かるのか?を検証してみました。さらに、他のプレイヤーはいくら稼いでいるのか?についても調査しました。

当記事において

当サイトでは、筆者が実際に稼いだ経験談を閲覧することができます。これらの情報は何かを保証するわけではございませんので、あくまでも一つの参考としてご覧ください。投資をする際には、十分に注意しながら自己責任でお願いします。

1.プロジェクトゼノ(XENO)は稼げるのか?検証してみた!

プロジェクトゼノを正式リリースからプレイしている筆者が、実際にどのくらい稼げるのか?解説していきます。

プロジェクトゼノは、NFTを所有することで、プレイヤー同士のリアルバトル「バトルアリーナ」で勝利すると、ゲーム内通貨Uコインを稼げるというのが基本的な仕組みです。

稼ぐためにはNFTが必要なため、完全無課金で稼ぐことが難しい仕様になっています。

NFTには、CHARGEゲージというシステムがあり、どのNFTでも一体あたり250ドルを必ず稼ぐことができます。

*1Uコイン=1セント

既存の課金型ゲームとは異なり、ゲームを楽しみながら250ドル(25000Uコイン)を稼げるのが魅力です。Uコインは日本円に換金することが可能です。

ここからは、NFT一体あたり、どのくらい稼げるのか?解説していきます。

正式リリースからゲームをプレイして、1日あたり数十円ほど稼ぐことができました

250ドル(25000Uコイン)を稼ぐには、1年以上の時間を要します。

また、保有しているNFTは、マーケットプレイスで売りに出して稼ぐこともできます

実際にNFTを売って数万円稼げた体験談!

ここからは、実際にNFTを売却して稼げた体験を記載いたします。

何かを保証するわけではございませんので、あくまでも一つの参考程度にご覧ください。

実際に正式リリースからプレイして、NFTが入手できるNFTボックスがドロップしました。

課金の有無に関係なく、NFTを獲得できるNFTボックスがドロップする可能性があります。

実際にプレイしている筆者でも、チャームのNFTボックスがドロップしました。

中身は、龍チャームのNFTを入手し、当時の価格(シーズン0)で200ドルで売ることができました。

約26,000円ほど儲かりました。

NFTボックスは、課金有無に関係なく誰でも入手できるチャンスがあります。

どのアリーナ階層でもNFTボックスがドロップする可能性があるため、初期段階でもチャンスがあります。

ただし、NFTボックスの開封にはGコインが必要であり、一部課金が必要になる点に注意が必要です。

プロジェクトゼノは、収益を得られるという新しい側面もありますが、筆者ものめり込むほど、特にゲーム性が面白いです。

まずは、試しに遊んでみて、ゲームの魅力を体験してみると良いでしょう。

アプリダウンロードこちらから

2.他のユーザーはいくら儲かっているのか?調査してみた!

XENOをプレイしているユーザーは、実際にいくら稼いでいるのか調査してみました。

*今回の調査は、収益を得る可能性に関するものですが、何かを保証するものではございません。あくまでも一つの参考としてご覧ください。投資をする際には、十分に注意しながら自己責任でお願いします。

1日1,000円以上のUコインを稼げているようです。

ジェネシス3体で勝利すると、1バトルで250円相当の174Uコインを稼げたようです。

ジェネシスを購入してから1ヶ月で数千円を稼げているようです。

無料ガチャで、数万円のエピックが当たるようです。

チャームのレジェンダリーを当てたことで、25万円の利益が出たようです。

大会で25万円以上の賞金を獲得したようです。

稼げる方法はNFTの売却やUコインの獲得だけでなく、大会でも上位入賞すると稼げるようです。

調査で分かったこと

  • 一部のプレイヤーは月に数千円を稼ぐことがある
  • 日給数百円以上を稼ぐプレイヤーもいる
  • Uコインを獲得する場合、ジェネシスが推奨される
  • ガチャで数万円相当のNFTを当てる可能性がある
  • レジェンダリーのNFTなら数十万円の収益を得ることがある
  • 大会参加で賞金を獲得し、収益を上げることも可能

XENOでは、多様な収益機会があり、実際に稼いでいるプレイヤーもいることが分かりました。

まずは無料で遊んでみて、ゲーム性が自分に合っているかを確かめてみるのがいいでしょう。

アプリダウンロードこちらから

3.XENOは本当に稼げるのか?実際に筆者が儲かった実績を公開!

PROJECT XENOで正式リリースからプレイし始めて、実際に稼げるのか?筆者が儲かった実績を公開していきます。

現在の稼いだ額は、NFTを5つ売却し、合計2,550ドル稼ぎました。

手数料を引いて、日本円で合計295,441円稼ぐことができました

投資額が423,900円(NFTセール、育成費用、リロールなど)です。

利益はマイナスですが、現在NFTを計25個以上保有しています。

ゲーム性が非常に面白いため、NFTは売却せず、長期的に遊びながら稼いでいくことを考えています。

アプリダウンロードこちらから

4.プロジェクトゼノをプレイして分かった3つの注意点

つぎに、稼ぐにあたって、プロジェクトゼノの注意点について解説していきます。

1.Uコインを稼ぐにはNFTが必要になる

プロジェクトゼノは、NFTを保有しないと稼げない仕様になっています。

そのため、NFTを購入する、もしくは、アプリ内ガチャやNFTセールで当てる必要があります。

数千円から数万円ほどの課金が必要になるため、注意しましょう。

2.利益を出すのに時間がかかる

NFTは、最大で25,000Uコイン=35,000円ほど稼ぐことができます。

*1Uコイン=1セント

EARNレベル1で稼げるUコインは、数十円ほどです。

課金分を回収して利益を出すまでに、1年以上かかります

3.NFTの価値が変動する

NFTは資産として、価値が変動します。

そのため、価値が上がる一方で、価値が下がる場合もあります。

NFTの価値は変動するため、注意しましょう。

5.プロジェクトゼノの稼ぎ方!おすすめ5選!

PROJECT XENOが一般的なゲームと違うのは、稼げる点です。

XENOは、無課金でも稼げる可能性がありますが、NFTで遊んだり、売ったりすることで稼げるのが基本的な仕組みとなっています。

正式リリースからプレイしている現プレイヤーが、XENOで稼げる方法をおすすめ順で解説していきます。

  1. NFTボックスのドロップで稼ぐ
  2. アプリ内ガチャでNFTを当てる
  3. バトルパスで稼ぐ
  4. 大会で入賞して稼ぐ
  5. NFTを購入して遊んで稼ぐ

1.NFTボックスのドロップで稼ぐ

PROJECT XENOでリスクが少なく稼げる方法が、NFTボックスで稼ぐことです。

NFTボックスは、確率でドロップして入手することが可能です。

ドロップは、課金有無に関係なく誰でも入手できます。

どのアリーナ階層でも入手できるため、初期段階でもチャンスがあります。

実際にプレイしている筆者も、チャームのNFTボックスがドロップしました。

NFTを200ドルで売り、約26,000円ほど儲かりました。

NFTボックスには、キャラクター、ウェポン、チャームの3種類があります。

  • キャラクターのNFTボックス
    →キャラクターのNFTボックスを開封すると、250ドルの収益を得ることができるNFTが手に入ります。特にパッシブスキルが強力なキャラクターは高額で売れる可能性もあります。
  • ウェポンのNFTボックス
    →ウェポンは、武器のNFTが入っています。レジェンダリーのウェポンを入手すれば、約1,000ドルで取引できる可能性があります。
  • チャームのNFTボックス
    →チャームは、アクセサリーのNFTが入っています。エピックのチャームでも600ドル、レジェンダリーのチャームではなんと3,000ドルから4,000ドルで取引されています。

現時点では、特にチャームのNFTボックスが注目されています。

チャームのレジェンダリーは、30万円以上で取引されるNFTです。チャームのNFTひとつで、大きく儲けることができます。

取引価格は、変動するため、公式サイトのマーケットプレイスで確認しましょう。

ただし、NFTボックスの開封にはGコインが必要であり、高額なNFTが当たる可能性がある一方で、一部課金が必要になる点に注意が必要です。

アプリダウンロードこちらから

2.アプリ内ガチャでNFTを当てる

ガチャでNFTを当てることは、確率は低いですが、誰でも手軽に始められる方法です。

300Gコイン(約500円)で、1回ガチャを回すことができます。

Gコインガチャは、確率でNFTやジェネシスを獲得できるチャンスがあります。

NFTキャラは1体あたり、3万7千円相当の25000Uコインを獲得できます。

運次第で、希少価値の高いGENESIS3-5を入手できます

アプリダウンロードこちらから

3.バトルパスで稼ぐ

さらに、9,600円の有料バトルパスには、コラボ限定NFTボックスやアイテムが付いてきます。

「ドルイドNFT-BOX」には、希少価値の高いGENESIS 3〜5が確率でゲットすることができます。

下記を含めた、NFTボックスが2つ付いてきます。

  • ドルイドXENO確定NFT-BOX 1個
  • ドルイドWAPON確定NFT-BOX 1個
  • 150,000ゴールド以上
  • 他育成に役立つアイテム

バトルパスで稼ぐ方法は、9,600円程度の多少の課金は必要になりますが、一攫千金を狙える方法です。

NFTボックスは、開封すれば確実にNFTを入手できるため、ガチャよりも下振れが少ないかつ、運がよければ確率で希少価値の高いNFTが入手可能です。

特に、NFTボックスのウェポンは、なんと数十万円以上の価値があるレジェンダリーが当たる可能性があります。

バトルパスは約1万円で購入できる、非常にお得な機能です。

微課金で稼ぐなら、バトルパスがおすすめな方法です。

アプリダウンロードこちらから

4.大会で入賞して稼ぐ

大会で入賞する方法は、難易度は最も高いですが、実力次第で豪華賞金やNFTを獲得することが可能です。

XENO大会は、毎週末にオンラインで開催されます。

これらの大会は、プレイヤーが自らの技術と戦略を駆使して上位に入賞することで、出金可能なUコインや、価値あるNFTなどの豪華報酬を手に入れることができます。

さらに、各シーズンの最後には、最強のプレイヤーを決定するための最強決定戦が開催されます。このイベントでは、賞金総額数百万円が用意されており、トッププレイヤーは大きな報酬を獲得することが可能です。

XENO大会の特徴の一つは、大会ごとに異なるルールが設けられていることです。これには、運営が用意した特定のXENOやアイテムを使用する縛り、特定のXENOクラスのみを使用する縛り、またはレアリティに基づく縛りなどがあります。これらの変化に富んだルールは、プレイヤーに対して常に新鮮な挑戦を提供し、戦略的な思考と適応能力を試す機会を与えます。

XENO大会では、実力と戦略が報酬に直結します。自分のスキルを磨き、さまざまな戦略を駆使して大会での勝利を目指すことで、豪華報酬を手に入れることができます。

アプリダウンロードこちらから

5.NFTを購入して遊んで稼ぐ

XENOで遊びながら稼ぐ方法が、キャラクターのNFTを購入する方法です。

NFTは、PvPのアリーナバトルで、勝利することで仮想通貨Uコインを稼ぐことができます。

NFTには、CHARGEゲージというシステムで、どのNFTもー体あたり25000Uコイン稼げるようになっています。

Uコイン=1セントに設定されています。

そのため、NFT1体につき必ず250ドル稼ぐことができます。

CHARGEゲージがゼロになり稼げなくなったら、NFTを1体合成することで再び250ドル稼ぐことができます。

NFTは公式サイトのマーケットプレイスで購入できます。

NFTの購入金額は、価格が変動するため、マーケットプレイスでご確認ください。*Mコイン(マーケットコイン)=1ドル設定

正式リリース時は150-160ドルでしたが、8月時点では80ドルと大きく価格が下がっています。

80ドルで購入して、NFTで250ドル稼ぐことで堅実に収益が得られます。

さらに、保有しているNFTは、いつでもマーケットプレイスで売りに出すことができます。

*購入後、2週間経つまでは出品できません

希少価値の高いNFTやパッシブスキルが強力なNFTは高値で取引できる可能性が高いです。

より高い価格でNFTを売るには、高パッシブスキルにしてからNFTを販売することです。

NFTのパッシブスキルをリロールして、高レベルや強力なパッシブスキルを獲得した後に販売すると、より高値で取引される可能性があります。

筆者も、実際にXENO(ニンジャ)のパッシブスキルをレベル10にしてから、売却したことで600ドル稼ぐことができました。

NFTが売れると、自動的にBSCチェーンのUSDTが入金されます。このUSDTBSCチェーンであり、ETHチェーンとは異なるので注意してください。

アプリダウンロードこちらから

まとめ

PROJECT XENOは、XENOたちのスキルカードを戦略的に活用しながらバトルを進める面白いPvPゲームです。

今までの課金型ゲームと違い、NFTの売買やプレイして稼げる新時代のゲームです。

今回、筆者が正式リリースからプレイしてどのぐらい稼げたのか?NFTでいくら儲かるのか?について解説しました。

まずは無料で試してみて、ゲームが自分に合っているかを確かめてみましょう!

アプリダウンロードこちらから

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-NFTゲーム