暗号資産

ソラナ(SOL)はオワコン?今後の将来性について解説!

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

この記事では、ソラナ(SOL)はオワコンと言われる理由とは?なぜ復活したのか?今後の将来性について解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

*本記事で提供される情報は、投資を促すものではありません。あくまでも参考としてご覧いただき、投資をする際は自己責任でお願いします。

ソラナがオワコンと言われる理由は?

ソラナ(Solana)の価格暴落に大きく影響した理由について説明します。

大きな要因が、FTX破綻の件です。

FTXは、世界で2番目に大きい暗号通貨取引所でしたが、2022年に急速に破綻しました。

この破綻の背景には、FTXの顧客資金の不正使用や、取引所が行っていたリスク管理の問題などがありました。

ソラナとFTXの関係は非常に深いものがありました。FTXおよびその創業者であるサム・バンクマン=フリードは、ソラナブロックチェーンとそのエコシステムの主要な支援者の一人でした。

FTXと関連会社のAlameda Researchは、ソラナを基盤とするプロジェクトに多額の投資をしており、ソラナのトークンであるSOLの大量保有者でもありました。

CoinMarketCap

FTXが破綻すると、市場はAlameda Researchが保有するSOLを大量に売却する可能性があると懸念しました。これが実際に起こった場合、ソラナの市場に大量の売り圧力がかかり、価格が急落することが予想されました。

加えて、FTXと密接に関連していたことから、投資家の信頼が損なわれ、さらなる売りが加速され、1300円台まで下落することになります。

この懸念が現実のものとなり、ソラナの価格はFTXの問題が明るみに出た後、大きく下落しました。

こうした背景から、ソラナの価格暴落はFTX破綻という外部要因に大きく左右されたと言えます。

ソラナはなぜ復活した?

ソラナの価格がFTX破綻後に大きく下落した後、2023年に入ってから特定のミームコインの人気が急上昇しました。

このミームコイン、特に「Bonk」(BONK)という犬をモチーフにしたトークンが注目を集めました。

Bonkはソラナネットワーク上で発行され、その分散型の特性と、エンドユーザーへの大規模なエアドロップ(無料配布)を通じて急速に広がりました

CoinMarketCap

このエアドロップは、特にソラナのユーザーベースを拡大するのに寄与し、価格は28,000円台まで急上昇しました。

また、Bonkの流行はソーシャルメディア上でバイラルになり、新しい投資家層の注目を集めることに成功しました。これにより、ソラナの取引量が増加し、その他のプロジェクトやDAppsにもポジティブな影響を及ぼしました。

このミームコインによる注目の再燃は、ソラナのネットワークが依然として高速で低コストのトランザクションを提供していることを改めて市場に示す結果となり、ブロックチェーンプラットフォームとしての魅力を再確認させました。

結果として、ソラナはミームコインの波に乗り、その後の価格回復とエコシステムの活性化を遂げることができました。

ソラナの2024年以降の将来性はどうなる?

ソラナの今後の将来性について解説していきます。

1.ソラナの技術的なポテンシャル:スケーラブル(拡張性)

ソラナは設計段階から高いスケーラビリティを目指しており、そのアーキテクチャは秒間数十万トランザクションをサポートすることができます。

これは、PoHによる効率的なトランザクション処理と、高性能ハードウェアによるサポートが可能なことで実現しています。これにより、大規模なアプリケーションの要求に応えることができます。

2.ソラナミームコインの熱狂とエコシステムの成長

ソラナ(Solana)の分散型取引所(DEX)の取引高が2023年から2024年にかけて大幅に増加しました。その理由は、その高性能なブロックチェーン特性と、人気のミームコインによる影響が大きいです。

Franklin Templeton Digital Assets

具体的には、ソラナのネットワーク手数料が、2023年8月の約2億円から2024年4月には約77億円まで、およそ36倍に増加しました。

この取引量の増加は、ソラナベースのミームコイン、特にドッグウィフハット(WIF)、ボンク(BONK)、ブックオブミーム(BOME)、スラーフ(SLERF)などに対する投機的熱意にも牽引されています。

ソラナブロックチェーンは非常に高速で、低手数料を保持しているため、大量のトランザクションを効率的に処理できます。

このように、ソラナの技術的優位性とコミュニティの熱意が相まって、そのDEXエコシステムは数十倍に拡大し、今後も成長が期待されています。

3.2023年マーケットパフォーマンスでイーサリアムを超える

coindeckjapan

2023年にソラナ(SOL)がイーサリアム(ETH)を市場パフォーマンスを上回りました。

主な要因は、ミームコインBONKの人気と、革新的なweb3スマートフォン「Saga」の成功です。

BONKはソラナの注目度を高め、多くの新規ユーザーを引き寄せました。一方で、Sagaは限定エアドロップを通じて売上を促進し、これらの動きが相まってソラナはイーサリアムを超える市場評価を獲得しました。

ソラナの投資に対するリスクと注意点

ソラナの投資に対するリスクと注意点について解説していきます。

1.ボラリティが高い

ソラナは、一般的に非常に高いボラリティを持っています。

これは、市場のセンチメントやトレンドに大きく影響されるため、急激な価格の上昇だけでなく、急激な下落も頻繁に発生します。

このような変動性は、短期間での大きな利益をもたらす可能性がありますが、同時に大きな損失につながるリスクも高まります。

2.ミームコインによる影響

多くのミームコインは、特定の機能や目的を持たず、主に社会的トレンドやインターネット上のジョークから生まれます。

そのため、これらのコインの背後には実質的な価値や実用的な用途がほとんど、あるいは全く存在しない場合があります

市場の興味が薄れると、これらのトークンの価格は急速に下落する可能性があります。

これによって、ソラナのエコシステムへ影響する可能性があります。

3.セキュリティと分散性への懸念

ソラナは極めて高速で効率的なトランザクション処理能力を持ち、新しいタイプのアプリケーションに適しているものの、セキュリティや分散性の面での懸念が残ります。

ソラナは高速なトランザクションを実現するために、高いハードウェア要件が求められ、ネットワークに参加できる者が限られる可能性があります。

これが潜在的なセキュリティリスクと見なされる可能性があります。

ソラナはどこで買える?

ソラナ(SOL)は、

  • GMOコイン
  • SBI VCトレード
  • OKcoinJapan
  • ビットポイント
  • DMMビットコイン

で購入することができます。

取引所 SBI VCトレードGMOコインOKCoin JapanビットポイントDMM ビットコイン
取扱通貨数23銘柄26銘柄37銘柄
23銘柄38銘柄
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:-0.03%
Taker:0.09%
Maker:0.02〜0.07%
Taker:0.06〜0.14%
無料無料
*スプレッドあり
販売所手数料無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
出金手数料無料無料400円330円無料
送金手数料無料無料0.01~0.05 SOL無料出金不可

ソラナを取引するなら、SBI VCトレードがおすすめです。

SBI VCトレードは、暗号資産の送金手数料、日本円の出金手数料が無料です。

また、SBI VCトレードの大きな特徴は、SOLステーキングできる点です。

ステーキングはSBI VCトレードの口座内で保有しているだけで対象となり、自動的に毎月SOLが増えていきます

SBI VCトレード公式サイトへ

ソラナ/SOLはどこで買える?お得な日本の国内取引所やおすすめの買い方を解説!

Solana(SOL)をどこの仮想通貨(暗号資産)取引所で購入したら良いか迷っていますね? 弊サイトが、SOLを購入できる国内の仮想通貨(暗号資産)取引所を総合的に比較した結果、SBI VCトレードが ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-暗号資産