暗号資産

仮想通貨XDCとは?今後の将来性について解説!

当サイトにはPRリンクを含む場合があります。
keyring-exchange

仮想通貨XDCとは?

XDC Network
発行年2017年
創設者XinFin
コンセンサスアルゴリズムXinFin Delegated Proof of Stake (XDPoS)
処理速度最大2,000TPS
発行上限375億枚
時価総額5.3億ドル
*2024年5月時点
24時間取引高560万ドル
*2024年5月時点

XDCは、金融業界に流動性を提供し、グローバルな貿易を促進することを目的とするデジタル通貨です。

このトークンは、XinFin Networkのネイティブ通貨であり、既存の主要なブロックチェーン技術、例えばビットコインやイーサリアムと比較していくつかの利点を持っています。

具体的には、XinFin Networkはより多くのトランザクションを迅速に処理でき、トランザクションにかかる手数料が低く抑えられており、エネルギー消費も少ないです。

仮想通貨XDCの特徴

  1. ハイブリッドブロックチェーン: XDCは、公開されたデータアクセスとプライベートトランザクションの承認を組み合わせることができます。これにより、企業はブロックチェーン上での操作の透明性を保ちつつ、重要な情報は非公開に保つことができます。
  2. 低コストで高速なトランザクション: XDCネットワークは非常に効率的なトランザクション処理を実現し、極めて低いガス料金で高速なトランザクションを提供します。
  3. 独自のコンセンサスアルゴリズム: XinFin Delegated Proof of Stake (XDPoS) は、XinFinネットワークの独自のコンセンサスメカニズムであり、特に効率とスケーラビリティを目指して設計されています。このメカニズムは、従来のProof of Stake (PoS) システムを拡張し、ネットワークの運営を効率的に行うためにマスターノードを用いる点が特徴です。

仮想通貨XDCの将来性について

XDCネットワークの将来性は、そのユニークなハイブリッド設計と企業向けの焦点に大きく依存しています。特に、金融業界、サプライチェーン、公共インフラなどの分野での応用が期待されています。これらの分野では、透明性と効率の向上が求められており、XinFinの技術が有効に機能する可能性があります。

また、XDCは国際貿易金融において特に重要な役割を果たすことが期待されています。

例えば、XinFinは「TradeFinex」というプラットフォームを開発しており、これによって企業間での契約の締結や金融取引が簡略化されます。

そして、SBIグループは、アラブ首長国連邦に拠点を置くTradeFinex Tech Ltd.と合弁会社「SBI XDC Network APAC株式会社」を設立しました。これは貿易金融の効率化を目的としています。

SBIは以前からXDC Networkと連携し、日本でXDCトークンを取り扱うなど、暗号資産関連サービスを提供しています。合弁会社の設立により、XDC Networkの利用拡大や新たな経済活動への応用、関連情報の提供などが進むことが期待されます。

XDCに投資するリスクや注意点

仮想通貨は、一般的に非常に高いボラリティを持っています。

一日の間に価格が大きく変動することは珍しくなく、その変動はしばしば予測不可能です。

この高い変動性は大きな利益をもたらす可能性がありますが、同時に大きな損失を招くリスクも高いため、投資する際は慎重に資金管理を行うことが重要です。

XDCはどこで買える?

XDCを購入できる日本の国内取引所は、

  • SBI VCトレード

です。

XDCが国内初上場しました。

日本円でXDCを取引できるので、海外取引所を利用する手間が省けます。

取引所 SBI VCトレード
取扱通貨数23銘柄
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 無料
*スプレッドあり
出金手数料無料
送金手数料無料

XDCを購入する方は、各種手数料無料の「SBI VCトレード」をおすすめです

SBI VCトレード公式サイトへ

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-暗号資産