暗号資産

ビットコイン今から買うのは遅い?買うべきかどうかについて解説!

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

この記事では、ビットコイン今から買うのは遅い?買うべきかどうかについて解説しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

*本記事で提供される情報は、投資を促すものではありません。あくまでも参考としてご覧いただき、投資をする際は自己責任でお願いします。

ビットコインとは?

ビットコイン
発行年2009年
創設者サトシ・ナカモト
コンセンサスアルゴリズムProof of Work(PoW)
ブロック生成時間10分
発行上限2100万枚
半減期あり
時価総額1兆2227億ドル
*2024年5月時点
24時間取引高254億ドル
*2024年5月時点

ビットコインは2009年に登場し、世界初の分散型デジタル通貨としてその地位を確立しました。

ビットコインの最大の魅力の一つは、その供給量が限定されている点です。

最大2,100万コインしか存在しないため、インフレの影響を受けにくい「デジタルゴールド」と見なされています。

ビットコイン今から買うのは遅い?買うべき?

ビットコインへの投資が今からでも適切かどうかは、「遅い」と一概には言えません。

ビットコインは2020年初頭には1ビットコインあたり約7,000ドル相当でしたが、2024年3月に一時的に70,000ドルを超える価格を記録しました。

ビットコイン市場が成熟するにつれて、多くの機関投資家が参入しています。これにより価格の急激な上昇は抑制され、価格が安定する可能性があります。

この状況は、これから買う方にとって、長期投資に適している可能性を示しています

ビットコインの価格は非常に変動が大きいため、短期投資は高いリスクを伴いますが、長期的には価値が増す可能性があります

投資を考える際には、リスク許容度や市場の変動に耐えられるかを考慮し、分散投資の一部としてビットコインを考えることが有効な選択肢となり得ます。

ビットコインが高騰する要因や将来性について

ビットコインが高騰する要因や将来性について解説していきます。

1.ビットコインETFの承認

ETF(上場投資信託)に承認されると、ビットコインへのアクセスが容易になり、特に機関投資家の間での採用が進むことが予想されます。

機関投資家は巨額の資金を動かすため、これによってビットコインの需要が高まり、その結果価格が上昇する可能性があります。

ビットコイン(BTC)を対象とした11本のETFが1月10日に米国証券取引委員会(SEC)に承認されました。承認の翌日にはすでに取引が開始され、初日には約7億ドル(約1000億円)の資金が集まったと報道されました。

*引用:https://www.nri.com/jp/knowledge/blog/lst/2024/fis/osaki/0226

2.ビットコイン半減期

ビットコインでは、「半減期」と呼ばれるメカニズムが存在します。

これは、約4年ごとにマイナーが新しいブロックを生成するために得られるビットコイン報酬が半分に減少する仕組みです。

ビットコインの半減期は、2024年4月20日に4度目の半減期を迎えました。

BiTBO

2012−2013$12.35$1,100
2016-2017$650$2,500
2020-2021$8,600$55,000

これまでの傾向に基づくと、特に半減期後の1年-1年半は、暗号通貨市場における価格上昇が形成されやすくなります。

3.供給量が限られている

ビットコインの総供給量は2,100万枚に限定されており、これはデフレ的な性質をビットコインに与えます。

すでに流通しているビットコインと、これから採掘されるビットコインの総量が限定されているため、ゴールド(金)と似て通貨のインフレを抑制し、長期的には希少性を高める効果があります。

特に、大規模な市場参入者がビットコインを資産として保持し始めると、利用可能な供給がさらに制限され、価格が上昇する要因となり得ます。

4.経済環境の影響

インフレや金融危機の際には、非中央集権的な資産であるビットコインが安全な避難所としての役割を果たす可能性が高まります。

インフレ率の上昇や経済の不安定性が高まる時期には、ゴールド同じようにビットコインを含む暗号資産が価値保存手段として注目されることがあります。

このため、ビットコインへの投資は、経済環境に応じて特に魅力的になることがあります。

ビットコインに投資するリスクや注意点

ビットコインに投資するリスクや注意点について解説します。

1.ボラリティが高い

ビットコインは、一般的に非常に高いボラリティを持っています。

一日の間に価格が大きく変動することは珍しくなく、その変動はしばしば予測不可能です。

この高い変動性は大きな利益をもたらす可能性がありますが、同時に大きな損失を招くリスクも高いため、投資する際は慎重に資金管理を行うことが重要です。

2.規制の不確実性

多くの国で規制が不確かであり、新しい法律や規制が導入される可能性が常にあります。これらの規制は市場に大きな影響を与えることがあり、価格に不確実性をもたらします。

ビットコインはどこで買える?

取引所コインチェック SBI VCトレードビットバンクGMOコインビットフライヤービットポイントDMM ビットコイン
取扱通貨数29銘柄
20銘柄37銘柄26銘柄22銘柄21銘柄38銘柄
BTC取引所有無ありありありありありなしなし
取引所手数料無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
0.01%〜0.15%無料無料
販売所手数料無料
*スプレッドあり
 無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
無料
*スプレッドあり
出金手数料407円無料550円/770円(3万円以上)無料220〜770円330円無料
送金手数料0.001BTC無料0.0006BTC無料0.0004BTC無料無料
公式サイト詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら

ビットコイン(BTC)を購入できる主な国内取引所は、

です。

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-暗号資産