取引所

OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)の評判・口コミはどう?手数料やデメリット等を徹底解説!

my-rich-farm-banar

暗号資産取引所「OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)」はどうなのか?利用すべきなのか?とお調べて中でしょうか?

OKCoin Japanは数ある取引所の中でも特に取扱銘柄において利点がある取引所です。

特に、Avalanche(AVAX/アバランチ)の取引を日本でしたい方はOKCoin Japanを選べば間違いありません。

一方で、NFTゲームや海外取引所を利用したい方は「GMOコイン」など他にもおすすめの取引所があります。

今回は、そんなOKCoin Japanの特徴を含め、口座開設や使い方について開設します。口座開設は、10分程度できるので、ぜひ利用してみてください。

OKCoin Japanのキャンペーン情報

現在、OKCoin Japanでは「お友達紹介プログラム」を実施中!

あなたのご友人を招待することで1000円分のビットコインがプレゼントされます!

OKCoin Japanに登録する

OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)の基本情報

OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)はオーケーコイン・ジャパン株式会社が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

OKCoinといえば、取引高で世界トップ10に入るほぼ大きな暗号資産取引所です。そのOKCoinが日本向けにサービス提供していいるのが、OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)になります。

OKCoin Japanは主にユーザー間の相対取引の場である「取引所」、OKCoin Japanから暗号資産を購入する「販売所」のサービスを提供しています。

最大の特徴は取扱銘柄にあります。

そのため、他の取引所では取り扱っていない暗号資産を日本円でお得に売買ができる可能性が高いです。

<概要表>

運営会社オーケーコイン・ジャパン株式会社
取扱銘柄数15銘柄
取引所の取引手数料Maker:0.02〜0.07%
Taker:0.06〜0.14%
取引所取扱銘柄BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、XRP、LSK、ENJ、IOST、TRX、BAT
販売所の取引手数料無料
※別途スプレッド手数料あり
販売所取扱銘柄BTC、ETH、IOST、ENJ、LSK、OKB、BAT、TRX、AVAX
入金手数料無料
出金手数料400円or770円(100万円以上)or1320円(1000万円以上)
送金手数料BTC:0.0005~0.02BTC
BCH:0.001~0.2BCH
ETH:0.007~0.2ETH
ETC:0.01~0.2ETC
LTC:0.001~0.2LTC
XRP:0.1~5XRP
LISK:0.5~2LISK
OKB:2~10OKB
IOST:1~500IOST
ENJ:20~100ENJ
BAT:20~100BAT
TRX:1~10TRX
QTUM:0.01~0.02QTUM
PLT:8~10PLT
AVAX:不明
提供サービス一覧取引所
販売所
ステーキング
スマホアプリiOS、Androidあり

OKCoin Japanに登録する

OKCoin Japanのメリット

ここからはそんなOKCoin Japanのメリットについてみていきましょう。

OKCoinのリソースを活用した高い流動性

OKCoin Japanで取り扱う取引所銘柄の取引において、流動性の高さは非常に重要です。

なぜなら、取引のスプレッドが小さいほど市場の価格に合わせた公平な取引が成立するからです。

例えば、下記のようなビットコインの買板があるとします。

<ビットコイン/日本円>

買い注文が入っているビットコインの金額買いが入っているビットコインの枚数
30,000円4BTC
20,000円2BTC
10,000円1BTC

ここであなたが、3BTCを買いたいとします。すると最初の1BTCは10000円で購入できますが、残りの2BTCは20,000円で購入する必要があります。

つまり、板にはできるだけ多くの買い注文が並んでいる必要があり、刻んでいる数値が小さければ小さいほど公平に取引ができます。

このような状態を流動性が高いと言います。

OKCoinJapanでは、OK Groupの持つグローバルの流動性を活用することで高い流動性を保っており、狭いスプレッドで取引が可能です。

使いやすいUI設計

OKCoin JapanはiOSおよびAndroidのアプリも配信していますが、アプリ・公式サイト問わずどちらも初心者にも上級者まで使いやすいユーザーインターフェースとなっています。

世界の190を超える国と地域で利用されてきた取引画面は、いつ、どのタイミングで、どんな注文を出せばいいのかがすぐにわかるようになっており、誰でも直感操作で簡単に利用できるようになっています。

使い方についても後ほど「OKCoin Japanの使い方」にて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

取り扱い通貨が豊富

取り扱い銘柄数は現在15銘柄と多めです

他の取引所や販売所では取り扱いが少ないAVAXやOKB、TRXなどの暗号資産も取引できます

取り扱い銘柄取引所販売所
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)×
ライトコイン(LTC)×
リップル(XRP)×
イーサリアムクラシック(ETC)×
ベーシックアテンショントークン(BAT)×
リスク(LISK)
オーケービー(OKB)×
エンジンコイン(ENJ)
アイオーエスティー(IOST)
トロン(TRX)
キュータム(QTUM)×
パレットトークン(PLT)×
アバランチ(AVAX)×

24時間365日入出金が可能

地味に嬉しいのがこちらのメリット。

日本円、暗号資産ともに24時間365日入出金に対応しているので、取引したい際にすぐに行動に移せます。

OKCoin Japanに登録する

OKCoin Japanのデメリット

取引手数料が少し高め

取引所の手数料には次の2種類があります。

  • 「Maker(指値取引)」:取引板にない価格で注文することで、取引板に注文を並べて約定した取引のこと
  • 「Taker(成行取引)」 :取引板に並んだ既存の注文で約定した取引のこと

そしてOKCoin Japanの場合、

  • Maker:0.02〜0.07%
  • Taker:0.06〜0.14%

下記の通りに変動します。

レベル直近30日間の取引量
(日本円相当)
メイカー手数料(%)
(税込)
テイカー手数料(%)
(税込)
Lv1100 万円未満0.07%0.14%
Lv2100 万円以上0.06%0.12%
Lv31,000 万円以上0.05%0.10%
Lv41 億円以上0.04%0.08%
Lv55 億円以上0.03%0.07%
Lv615 億円以上0.02%0.06%
Lv7130億円以上応相談応相談

この数値は決して低くなく、ほとんどの暗号資産を販売所形式でしか販売していないコインチェックよりかは遥かにマシですが、業界最安ではありません

他の有名取引所との比較は下記の通り。

取引所名OKCoin JapanGMOコインbitbank
取引手数料Maker:0.02〜0.07%
Taker:0.06〜0.14%
Maker:-0.01%
Taker:0.0.5%
Maker:-0.02%
Taker:0.12%

ですので海外取引所やNFTゲームをプレイするなら送金手数料無料の「GMOコイン」、単純に取引のみを最安で行うなら「bitbank」がオススメです。

GMOコインの評判が良すぎてやばい!?気になるデメリットや手数料、使い方も解説

暗号資産を購入したいけど、どうしていいか分からないってことはありませんか? 筆者も実際にメイン取引所として利用していますが、GMOコインは業界最安水準の取引手数料や送金手数料無料など初心者から上級者ま ...

続きを見る

ビットバンク(bitbank)の評判・口コミはどう?手数料が安いは本当か?デメリット等を徹底解説!

暗号資産取引所「ビットバンク(bitbank)」はどうなのか?利用すべきなのか?とお調べて中でしょうか? ビットバンクは数ある取引所の中でも特に取引手数料の面において利点がある取引所です。 特に、暗号 ...

続きを見る

販売所のスプレッドに注意

販売所で暗号資産を購入する際には、スプレッド手数料が別途発生します。

スプレッドとは、通貨間でのレートに対する手数料のことです。

例えば、イーサリアムの買値45万円、売値43万円などのレートを予め取引所側が設定します。手数料が上乗せされた上でのレートで取引することになるので、相対取引(取引所)に比べて基本的に割高になります。

出金手数料がかかる

OKCoin Japanには出金手数料必要です。

出金手数料は下記の通り、

  • 400円
  • 770円(100万円以上)
  • 1320円(1000万円以上)

OKCoin Japanに登録する

OKCoin Japanの評判・口コミ

実際にOKCoin Japanを利用している方々の口コミを集めてみました。

良い口コミとしては、

  • 他で扱っていない銘柄が取引できる
  • 取引所の対応が丁寧

などがある一方で、取引手数料がもう少し安ければという声もありました

OKCoin Japanがおすすめな人

ここまでOKCoin Japanのメリットやデメリット、手数料や評判などについて解説してきました。

これらを踏まえてOKCoin Japanは下記のような方にオススメといえます。

オススメな人一覧

  • 他の取引所では取り扱っていない銘柄を取引したい方

OKCoin Japanは他の国内取引所では購入ができないAVAXやTRX、OKBなどの銘柄を取引できるのが強みです。

ただし、一方で取引手数料はGMOコインやbitbank(最安)の方が安いです。

また、海外取引所を利用したい方や自分のウォレットの送金したい方は送金手数料無料の「GMOコイン」がおすすめです。

OKCoin Japanに登録する

OKCoin Japanの始め方(口座開設)

公式サイトから口座開設ボタンをクリックします。

OKCoin Japanに登録する

口座開設には、下記をおこないます。

1.アカウント作成
2.携帯電話番号の認証
3.本人情報の入力
4.本人確認書類のアップロード
5.取引目的の選択
6.本人確認書類を提出

OKCoinJapanの口座開設は10分程度で完了します。

1.アカウント作成

アカウント作成画面にてEメールアドレス・パスワードの登録を行います。

「同意する」をクリックします。

2.携帯電話番号の認証

「設定」をクリックします。

  • 携帯電話番号
  • SMS認証コード
  • Eメール認証コード
  • Google認証コード

上記を入力し、「確認」をクリックします。

3.本人情報の入力

「本人情報」「居住地・住所」「ご職業・金融資産」を入力し、「情報取得者」か否かを選択します。

最後に宣誓事項を確認後、チェックを入れて「保存」をタップします。

4.本人確認書類のアップロード

2種類の本人確認書類のアップロードを行います。

※ファイルサイズが10MB以内のJPG、JPEGまたはPNG形式のファイル

5.取引目的の選択

取引目的、金融商品取引のご経験について選択いただき、「保存」をクリックします。

6.本人確認書類を提出

内容に問題がないか確認し「提出」をタップします。

OKCoin Japanの使い方

ここでは、入金から取引、出金方法まで解説します。

OKCoin Japanの入金方法

はじめに、日本円入金の項目から振込先口座を確認します。

登録されている口座に日本円を入金すれば完了です。

OKCoin Japanの取引方法

暗号資産は、取引所と販売所で購入することができます。

「取引所」:業者を仲介しながら、ユーザー同士で売買を行うこと

「販売所」:業者の保有している暗号資産とユーザーが売買を行うこと

取引所の現物取引の方が、販売所で購入するよりも安く暗号資産を取引できるのでおすすめです。

購入する通貨を選択し、通貨の注文を設定しましょう。

暗号資産取引では、主な成行注文、指値注文の2つの取引方法があります。

  • 指値注文
  • 成行注文

指値注文は、あらかじめ希望の価格と数量を設定しておき、市場価格が希望の条件と一致すると取引が行われる方法です。そのため、指定した価格に到達するまで取引が行われません。

成行注文は、希望の数量だけ設定しておき、現在の価格で取引が行われる方法です。そのためすぐに取引を行えますが、価格変動が激しい場合にはおすすめしません。

すぐに取引を行いたいときは成行注文、少しでも安く済ませたい場合は指値注文を利用しましょう。

注文方法と購入する数量の設定が完了したら、「購入」を押しましょう。

OKCoin Japanの出金方法

購入した暗号資産を海外取引所やウォレットに送金する方法を解説します。

資産項目から「暗号資産出庫」をクリックし、出金画面に移動します。

ウォレットアドレス、出金する数量を入力し内容確認後、出金するボタンをクリックします。

OKCoin Japanのまとめ

OKCoin Japanについて解説しました。

他で扱っていない、珍しい暗号資産(AVAX、OKB、TRXなど)を取引したい場合にオススメです!

ただし、一方で送金手数料がかかるので、NFTゲームや海外取引所を利用したい場合は「GMOコイン」の方がおすすめです。

いずれにせよ、現在コインチェックやビットフライヤーなどを利用中の方は、OKCoin Japanに変えるだけでとってもお得に取引ができるのでおすすめです。

この記事を読み参考になりましたら、ぜひOKCoin Japanを利用してみてください。

OKCoin Japanに登録する

NFTゲーム

2022/9/21

メタバース「Sparkadia」のNFTゲーム「Edenbrawl(エデンブロール)」とは?概要をわかりやすく解説

Sparkadia(スパークディア)は、Worldspark Studiosが開発を行う、最新のNFTゲームのプラットフォームです。 今後Sparkadia内で多数のNFTゲームが公開される予定となっています。 この記事ではそんなSparkadiaの概要についてご説明します。 Sparkadia(スパークディア)とは スパークディアとは、Worldspark Studiosが開発する、 同じ世界 物語 キャラクター 経済 がリンクされたNFTゲームプラットフォームです。 個々のゲーム(Spark)は、プラ ...

ReadMore

chain-of-legends-thumbnails

NFTゲーム

2022/8/4

【実績公開】Chain of Legendsの始め方!無料で稼ぐ方法や仮想通貨(CLEG)についても解説

NFTゲーム「Chain of Legends」が完全放置で楽に稼げると人気になっています。 この記事では、放置して稼げるNFTゲーム「Chain of Legends」の概要や始め方、稼ぎ方について解説。 実際に稼いでみた結果と検証したからわかった始める前に知っておくべきことを掲載しているので、ぜひ参考にしてください。 Gamefi Town公式Youtubeでも解説していますので、動画で見たい方はこちらを参考にしてください。 Chain of Legends(チェインオブレジェンズ)とは?ゲーム概要と ...

ReadMore

NFTゲーム

2022/7/22

Wizardia(ウィザーディア)の始め方と稼ぎ方!NFTの買い方やステーキングまで完全解説

「Wizardia(ウィザーディア)」は「RAID:Shado Legends」と、「Age of Magic」のゲーム内容から影響をうけている本格的な戦略性RPGゲーム。 また、不労所得が得られると話題になっているNFTゲームでもあります。 この記事では、そんなWizardiaの稼ぎ方や始め方などについてわかりやすく解説しますのでぜひ参考にしてください。 Wizardia(ウィザーディア)とは Wizardia(ウィザーディア)は、「RAID:Shado Legends」と、「Age of Magic」 ...

ReadMore

NFTゲーム

2022/7/18

NFTゲーム「Wing of Misadventure」とは?稼ぎ方や始め方を解説!仮想通貨(MISAD,TAMAS)やNFTの情報も

Wing of Misadventureは、無料プレイもできる同時接続数1万人の既存ゲームをNFTゲームにしたプロダクトです。 美しいドット絵のMMORPGとなっています。 この記事では、そんなWing of Misadventureの特徴を解説しますので、ぜひ参考にしてください。 Wing of Misadventureとは?仮想通貨とNFTについて Wing of Misadventureは、2015年から開発されている同時接続数1万人の既存ゲームをNFTゲームにしたプロダクトです。 無料プレイもでき ...

ReadMore

NFTゲーム

2022/8/10

SpringGame(スプリングゲーム)は稼げる?始め方や仮想通貨(SPR)を解説

盆栽で稼ぐNFTゲーム「SpringGame(スプリングゲーム)」が放置で稼げると突如人気になっています。 また、springgameには、儲けの一部を植林のための寄附をするというコンセプトもあり、SDGsに関心のある方にもおすすめできるゲームになっています。 この記事では、放置して稼げるNFTゲーム「SpringGame」の概要や始め方、稼ぎ方について解説。ぜひ、参考にしてください。 SpringGame(スプリングゲーム)とは?稼ぎ方を解説 SpringGame(スプリングゲーム)は、盆栽NFTを育成 ...

ReadMore

my-rich-farm-banar

MyRichFarm(マイリッチファーム)は完全放置で稼げるローリスク・ローリターンのNFTゲーム。寝ながらPCも一切触らず稼ぐことができるので、ゲームをプレイする時間のない人に最適です。弊サイトでも現在、年利300%ペースで運用中!詳細は下記記事にて公開中!

元本回収期間:4ヶ月程度 

初期投資額:5,850円程度

 拘束時間(日):0分

  • この記事を書いた人

Gamefi Town運営事業部

Gamefi Townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式TwitterやYoutubeも合わせてチェック!

-取引所

© 2022 gamefi.town