swapzone-thumbnails-min

取引所

Swapzoneのレビューと使い方|あらゆる仮想通貨を最安レートでスワップする比較サイト

my-rich-farm-banar

イーサリアム(Ethereum:$ETH)だけでなく

  • Binance Smart Chain($BSC)
  • Solana($SOL)
  • Avalanche($AVAX)
  • Fantom($FTM)
  • Near($NEAR)
  • Harmony($ONE)

など、数々のレイヤー1仮想通貨(暗号通貨)が話題となっています。

しかしながら、それぞれのブロックチェーンを跨いでエクスチェンジする場合、通貨によって仕様が異なっていたり、通貨の交換においても複数回取引をする必要があり面倒な手間がかかります。

そんな場合に通貨エクスチェンジの最安レートを見つけ、簡単にスワップできるSwapzoneというサイトがあります。

この記事では、そんなSwapzoneの仕様や使い方などをレビュー!

是非参考にしてください。



1. Swapzoneとは?

swapzone-overview-min

Swapzoneは、あらゆるエクスチェンジサービスをまとめて最安のレートを見つけてくれ、かつエクスチェンジまでできるサイトです。

  • ChangeNOW
  • Changelly
  • SimpleSwap
  • N.Exchange
  • Fox.exchange
  • StealthEX
  • Godex
  • FixedFloat
  • Exolix
  • Switchain
  • Swft
  • Exolix
  • Alfacash
  • InstaSwap
  • EasyBit
  • LetsExchange
  • Flyp.me
  • SideShift
  • ChangeHero
  • Swapuz

などの簡単スワップサービスから

BEST RATE:レートの一番良いスワップ
FASTEST:一番速いスワップ
BEST RATING:レビュー評価の高いスワップ

を比較して表示し、一番良いものを選択することができます。

最安レートをみつける

Swapzone公式

2. 利用する前に知っておくべき注意点

Swapzoneは大変便利なサービスですが、利用する前に知っておくべき注意点もあります。

  1. 手数料に注意
  2. セキュリティ面に注意

注意点1. 手数料に注意

どのエクスチェンジサービスでもある程度の手数料がかかります。

Swapzoneは一番レートの良いスワップを利用することができますが、ByBitなど海外取引所を使って自分で取引した方が得な場合があります。

あくまで、板取引や入出金、複数回のエクスチェンジなど面倒な作業や手間を省きたい方向けのサービスと言えるでしょう。

注意点2. セキュリティ面に注意

エクスチェンジサービスは、簡単すぎるがゆえにセキュリティ面が心配になります。

下記にて使い方を解説しますが、スワップするためにいったんSwapzoneで表示されたアドレスに送信する必要があります。

そのため、送金を間違えたりSwapzone自体がハッキングにあったりすると最悪あなたの通貨が紛失するかもしれません。

利用するエクスチェンジサービスについてしっかり調べて、レビュー評価など問題がないか確認してから利用することをおすすめします。

また、受信するアドレスも間違いがないように入力しましょう。

HarmonyやAvalancheなどアドレスが複数種類存在するチェーンもあります。

3. 使い方を解説!

ここからは、実際に使い方を解説します。

Swapzoneは、以下の4STEPでスワップが完了します。

  1. 通貨を選択
  2. エクスチェンジサービスを選択
  3. アドレスを入力
  4. 通貨を送信する

STEP 1. 通貨を選択

select-pair-swapzone-min

まずは、Swapzoneのトップページ左からスワップしたいペアを選択します。

上部(SEND)に自分が持っている通貨、下部(GET UP TO)に手に入れたい通貨を選択し、数量を入力します。

STEP 2. エクスチェンジサービスを選択

select-offer-swapzone-min

  • BEST RATE:レートの一番良いスワップ
  • FASTEST:一番速いスワップ
  • BEST RATING:レビュー評価の高いスワップ

を選択し、エクスチェンジサービスを選択します。

決まれば、右側の「Exchange」を選択します。

STEP 3. アドレスを入力

address-swapzone-min

  • Address to recieve 〜:受け取りアドレス
  • Address to refund 〜:返金元アドレス
  • Email:メールアドレス

を入力して「PROCEED TO EXCHANGE」を選択します。

STEP 4. 通貨を送信する

swapzone-send-min

表示されたQRコードもしくは表記されているアドレスへと自分の指定した通貨を指定した量送ります。

あとは、待つだけです。

数分〜数時間程度で、スワップされた通貨が指定したアドレスへと送られてきます。

最安レートをみつける

Swapzone公式

まとめ

Swapzoneは、あらゆるエクスチェンジサービスをまとめて最安のレートを見つけてくれ、かつエクスチェンジまでできるサイトです。

便利なサービスですが手数料が発生する点とセキュリティリスクに注意しましょう。

ただ、大変便利なサービスなので私自身も手数料覚悟のもとで利用しています。

この記事が参考になれば幸いです。

最安レートをみつける

Swapzone公式

NFTゲーム

2022/9/21

メタバース「Sparkadia」のNFTゲーム「Edenbrawl(エデンブロール)」とは?概要をわかりやすく解説

Sparkadia(スパークディア)は、Worldspark Studiosが開発を行う、最新のNFTゲームのプラットフォームです。 今後Sparkadia内で多数のNFTゲームが公開される予定となっています。 この記事ではそんなSparkadiaの概要についてご説明します。 Sparkadia(スパークディア)とは スパークディアとは、Worldspark Studiosが開発する、 同じ世界 物語 キャラクター 経済 がリンクされたNFTゲームプラットフォームです。 個々のゲーム(Spark)は、プラ ...

ReadMore

chain-of-legends-thumbnails

NFTゲーム

2022/8/4

【実績公開】Chain of Legendsの始め方!無料で稼ぐ方法や仮想通貨(CLEG)についても解説

NFTゲーム「Chain of Legends」が完全放置で楽に稼げると人気になっています。 この記事では、放置して稼げるNFTゲーム「Chain of Legends」の概要や始め方、稼ぎ方について解説。 実際に稼いでみた結果と検証したからわかった始める前に知っておくべきことを掲載しているので、ぜひ参考にしてください。 Gamefi Town公式Youtubeでも解説していますので、動画で見たい方はこちらを参考にしてください。 Chain of Legends(チェインオブレジェンズ)とは?ゲーム概要と ...

ReadMore

NFTゲーム

2022/7/22

Wizardia(ウィザーディア)の始め方と稼ぎ方!NFTの買い方やステーキングまで完全解説

「Wizardia(ウィザーディア)」は「RAID:Shado Legends」と、「Age of Magic」のゲーム内容から影響をうけている本格的な戦略性RPGゲーム。 また、不労所得が得られると話題になっているNFTゲームでもあります。 この記事では、そんなWizardiaの稼ぎ方や始め方などについてわかりやすく解説しますのでぜひ参考にしてください。 Wizardia(ウィザーディア)とは Wizardia(ウィザーディア)は、「RAID:Shado Legends」と、「Age of Magic」 ...

ReadMore

NFTゲーム

2022/7/18

NFTゲーム「Wing of Misadventure」とは?稼ぎ方や始め方を解説!仮想通貨(MISAD,TAMAS)やNFTの情報も

Wing of Misadventureは、無料プレイもできる同時接続数1万人の既存ゲームをNFTゲームにしたプロダクトです。 美しいドット絵のMMORPGとなっています。 この記事では、そんなWing of Misadventureの特徴を解説しますので、ぜひ参考にしてください。 Wing of Misadventureとは?仮想通貨とNFTについて Wing of Misadventureは、2015年から開発されている同時接続数1万人の既存ゲームをNFTゲームにしたプロダクトです。 無料プレイもでき ...

ReadMore

NFTゲーム

2022/8/10

SpringGame(スプリングゲーム)は稼げる?始め方や仮想通貨(SPR)を解説

盆栽で稼ぐNFTゲーム「SpringGame(スプリングゲーム)」が放置で稼げると突如人気になっています。 また、springgameには、儲けの一部を植林のための寄附をするというコンセプトもあり、SDGsに関心のある方にもおすすめできるゲームになっています。 この記事では、放置して稼げるNFTゲーム「SpringGame」の概要や始め方、稼ぎ方について解説。ぜひ、参考にしてください。 SpringGame(スプリングゲーム)とは?稼ぎ方を解説 SpringGame(スプリングゲーム)は、盆栽NFTを育成 ...

ReadMore

my-rich-farm-banar

MyRichFarm(マイリッチファーム)は完全放置で稼げるローリスク・ローリターンのNFTゲーム。寝ながらPCも一切触らず稼ぐことができるので、ゲームをプレイする時間のない人に最適です。弊サイトでも現在、年利300%ペースで運用中!詳細は下記記事にて公開中!

元本回収期間:4ヶ月程度 

初期投資額:5,850円程度

 拘束時間(日):0分

  • この記事を書いた人

Gamefi Town運営事業部

Gamefi Townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式TwitterやYoutubeも合わせてチェック!

-取引所

© 2022 gamefi.town