暗号資産

ラップドビットコイン(WBTC)どこで買える?日本の国内取引所での買い方について解説!

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

仮想通貨市場において、WBTCは多くの投資家やトレーダーにとって注目のアセットとなっています。

そのため、日本国内でWBTCを購入しようと考えている方にとって、どの取引所が最適か、そして具体的な購入方法について知っておくことは重要です。

この記事では、ラップドビットコイン(WBTC)はどこで買える?買える場所や、日本の国内取引所での買い方を解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

WBTCはどこで買える?国内取引所一覧!

WBTCを購入できる日本の国内取引所は、

  • コインチェック

です。

WBTCが国内初上場しました。

日本円でWBTCを取引できるので、海外取引所を利用する手間が省けます。

取引所コインチェック
取扱通貨数29銘柄
取引所手数料無料
販売所手数料無料
*スプレッドあり
出金手数料407円
送金手数料0.000918 WBTC

WBTCを購入する方は、日本円で購入できる「コインチェック」がおすすめです

コインチェック公式サイトへ

コインチェックがおすすめな理由

なぜコインチェックがおすすめなのかの理由について解説します。

オススメポイントまとめ

  • アプリダウンロード数No1!使いやすいUI!
  • 日本円で購入できる!
  • 取扱銘柄が豊富!
  • 安心のカスタマーサポート!

理由1:アプリダウンロード数No.1!使いやすいUI!

コインチェックの提供する「Coincheckアプリ」は、2022年の年間ダウンロード数「国内No.1」を達成

2019年から4年連続のアプリダウンロード数No.1となります。

*対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

初めての人でも直感的に使えるようなデザインなので、仮想通貨にあまり詳しくない人でも、失敗せず操作できます

アプリの使いやすさが、多くのユーザーに支持されています。

理由2:日本円で購入できる!

コインチェックは、WBTCを日本円で取引できます

WBTCが国内初上場しました。

日本円でWBTCを取引できるので、海外取引所を利用する手間が省けます。

理由3:取扱銘柄が豊富!

ビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など人気のアルトコインを含む29銘柄の暗号資産を取り扱っています。

理由4:安心できるカスタマーサポート!

カスタマーサポート対応では、暗号資産交換業で初めて(※)最高評価である三つ星を獲得しています。

Coincheckはアプリの見やすさ、使いやすさだけでなくカスタマーサポートも充実していることから、ストレスなくサービスを利用できる取引所の一つです。

(※)2022年10月現在、コインチェック調べ。インターネットの公開情報を基に、認定企業および認定企業の業種・カスタマーサポート手法を調査。

コインチェック公式サイトへ

WBTCの買い方と購入方法!

WBTCの買い方を解説します。

step
1
コインチェックで口座開設する

公式サイトから口座開設ボタンをクリックします。

コインチェック公式サイトへ

口座開設には、下記をおこないます。

  • メールアドレスとパスワードの設定
  • 基本情報の登録
  • 本人確認の手続き

口座開設は10分程度で完了します。

step
2
日本円を入金する

口座開設を済ませたら、

「入金」を選択します。

「JPY」を選択し、銀行振込から基本情報を確認します。

お使いの口座から、日本円を入金します。

step
3
WBTCを購入する

販売所からWBTCを選ぶと、その銘柄のチャート画面が表示されます。

チャート画面で"購入"を選ぶと、注文を行うための画面に移動します。

注文方法と購入する数量の設定したら、「注文」が完了します。

WBTCを購入できる取引所まとめ

WBTCを購入できる取引所について解説しました。

  1. アプリダウンロード数No1!使いやすいUI!
  2. 日本円で購入できる!
  3. 取扱銘柄が豊富!
  4. 安心のカスタマーサポート!

上記の理由からコインチェックがオススメです。

この記事が参考になりましたら幸いです。

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-暗号資産