NFTゲーム

NFT×TCG「CROSS THE AGES」の始め方と稼ぎ方!仮想通貨(CTA)についても

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

NFTゲームであり本格的なTCG(トレーディングカードゲーム)でもある「CROSS THE AGES」をご紹介します。

多数抱えている専属デザイナーによる美しいグラフィックのカードでプレイすることができます。無課金でもプレイすることができます。

カードパックはすでにOpenseaで販売されており、とても高い金額で売買されていることからも期待感の大きさを知ることができます。

この記事では、CROSS THE AGESの概要や始め方、稼ぎ方について解説。ぜひ、参考にしてください。




CROSS THE AGESとは?遊び方やNFTの種類

Cross The Agesはオセロのようにゲームボード上の陣地を取り合うトレーディングカードゲームです。

プレイヤーは、カードを戦略的に使用して領土を制圧し、勝利を目指していきます。

Mac、WindowsはもちろんAndroid、iOSなどスマホでも無料でプレイできます。

このゲームは、今後数年にわたり執筆・出版・多言語翻訳される7冊の無料で読める小説をベースにしています。さらに、ニンテンドー、SONY、ゲーム・オブ・スローンズなどのなだたるアーティストが手がけるカードイラストは、そのクオリティが高く、コレクションとしても非常に人気があります。

さらに、CrossTheAgesは、NFTゲーム界隈で有名なVC、スクウェア・エニックス、ユービーアイソフト、アニモカ・ブランズ等から投資を受けるなど、VCから注目を受けるNFTゲームです。

ゲームタイトルCross The Ages
ジャンルTCG
ブロックチェーンPolygon Chain+Immutable X
ゲームトークンTrisel、Prana、CTA
コントラクトアドレス調査中
初期投資金額無料〜
対応機種Mac,Windows,iOS,Android
公式サイトhttps://www.crosstheages.com
公式ツイッターhttps://twitter.com/crosstheages
公式ディスコード(Global)https://discord.com/invite/crosstheages
公式ディスコード(Japan)https://discord.gg/73S9kJUESW
ホワイトペーパーhttps://whitepaper.crosstheages.com

Cross the Agesの始め方

CrossTheAgesは、公式サイトからアプリをダウンロードして、無料で始めることができます。

ゲームは、日本語にも対応しており、Android、iOS、MacOS、Windowsでプレイできます。

https://www.crosstheages.com/

つぎから、NFTカードパックの買い方について解説していきます。

STEP 1. カードパックを手に入れる

Cross the AgesのHPから、BUY PACKSを選択して、パックを選びGRAB ONEからNFTマーケットプレイスOpensea、Rareble、NFTradeいずれかから購入することができます。レイヤー2のPolygonチェーンで取引されていますので、PolygonチェーンでETHを用意する必要があります。

パックは、5種類あります。

それぞれのパックによってNFTのレアリティ封入率や、枚数が異なることはもちろん、AirdropされるCTAトークンの枚数も異なります。

カードパックには、CTAトークンのAirdropとプレセールのアクセス権、そして割引も付属する場合があります。

Openseaでカードパックを購入する

STEP 2. Immutable Xへブリッジ

  1. カードパックを手に入れたら、Cross the AgesのHP右上のEarly Accessを選択して、Bridge Your Packを選択。
  2. Sign Upから
    ・Username
    ・名前
    ・苗字
    ・メールアドレス
    ・パスワード2回
    を入力し[I Agree〜]にチェックを入れSign Upします。
  3. 送られてきたメールのリンクを選択して、アカウントを有効にする。
  4. Sign Inからメールアドレスとパスワードでログイン。
    ※ネットワークをPolygonチェーンに設定したカードパックを購入済みアドレスのウォレットMetamaskを用意しておきましょう。
  5. Link your Metamask Walletを選択し、MetaMaskで署名する。
  6. ブリッジしたいカードパックを選んでBridgeを選択します。

カードがしっかりブリッジできたかどうか確認したい場合は、Immutable XのエクスプローラーImmutascanから自分のアドレスを検索して確認できます。

STEP 3. ゲームをダウンロード

あとは、ゲームをダウンロードします。DOWNLOAD THE GAMEからMac、Windows、Androidから選択し、ダウンロードします。

基本的なゲームルールについて

ここからはCross The Agesの

  1. カード
  2. デッキ
  3. ルール

について解説します。

(1)カードについて

カードには、以下のステータスや仕様があります。

  • ELEMENTS:エレメントを表します。アドバンテージやアフィニティなどの効果を発動する際に役立ちます。
  • RARITY:縁部分は、カードのレアリティを表します。
  • POWER VALUE:カードの強さを表します。
  • GRADE:5段階のレベルを表します。レベルは、ゲームに影響がありません。
  • Battle Card:バトルカードは、相手の手札を奪ったり、自分の陣地を守るためにボード上に出すカードのことです。
  • Leader Card:デッキを組むときに、リーダーとなるバトルカードを選びます。リーダーカードは、各ゲームの開始時に必ず引きます。リーダーカードはプレイするとSpecial Attack(必殺技)が発動します。デッキ構築時に特殊攻撃を選択し、リーダーに装着することができます。リーダーがポジションにいる限りチェーンカウンターを1つ増やします。
  • Field Card:フィールドカードは、盤面のエレメントを変化させ、同じエレメントのカードすべてをブーストすることができる特殊なカードです。この効果は3ターン持続し、他のフィールドカードで無効にすることができます。

(2)デッキについて

デッキは、バトルカード、フィールドカードなどを含む30枚以下のカードで構成され、パワーの上限は10,000となります。

また、同じカードを複数回デッキに入れることはできません。ただし、通常版とは別のカードとして扱われる「代替版」がある場合は別です。

フィールドカードを2枚までデッキに入れることができます。フィールドカードはパワーがありませんので、デッキコストはパワーを増加させる量からこのような計算で割り出されます。

C = P+(200 + 2*P)

(3)ルールについて

Cross the Agesは、4かける4のマスのグリッドでプレイします。

両プレイヤーは同じボードを共有し、バトルカードやリーダーカードを出すとボードにおかれます。

ゲームに勝利するには、最初に65ポイントを獲得する必要があります。

ポイントを獲得するにはカードを裏返して捕獲することで、裏返されたカードごとに2ポイント獲得することができます。

ゲームの基本ルールは主に4つあります。

  • コイントスで先行を決定します。
  • 両プレイヤーともリーダーカードを含む10枚のカードでスタートします。
  • 各プレイヤーは交互に8回ずつ、合計16ターンプレイします。
  • 各プレイヤーの制限時間は5分で、全試合をプレイします。(自分の番でないときは、カウントダウンが一時停止します。)

ターンの基本動作は下記の通り。

  1. カードを1枚捨てると、新しいカードを1枚引くことができます。
  2. フィールドカードを1枚プレイします。プレイしても手番は終わりません。
  3. バトルカードやリーダーカードをプレイします。1枚プレイするとターンが終了します。
キャプチャー

相手のカードの上下左右に隣接するカードを置くと、自分のカードが相手のカードをキャプチャー(捕獲)しようとします。このとき、対象となる隣接するカードすべてに対して同時に攻撃が開始されます。攻撃はカードのパワーに基づき、効果での変動も含みます。

攻撃が成功した場合、あなたはそのカードの所有権を主張します。その後、あとで解説するチェーンカウンターに応じて、新しいカードは捕獲を試みます。

ヘプタグラム

ヘプタグラムは、7つの属性を表しており、各属性には特定のアドバンテージがあります。カードのヘプタグラムが相手のカードより優位な場合、攻撃時にパワーに+150のボーナスが付与されます。逆に、不利な場合はパワー-150のペナルティが適用されます。属性の相性を理解することが戦略的なプレイの鍵です。

アフィニティ

アフィニティとは、属性の相性の良さだけでなく、特定のカード同士が「親和」関係にあるとパワー+100のバフがかかります。この親和関係は、ヘプタグラム(7角形)の破線部分(水色の部分)で示され、各属性は親和関係にある2色を持っています。

このパワーボーナスは、一度得ると、継続して効果が発揮されます。

分かりやすく言うと、あるカード同士が、特別に相性が良い組み合わせがあり、その組み合わせでカードを並べるとアドバンテージが発動する、という仕組みです。これは、属性の相性とは違い、一度得ると継続した効果を持っています。

トリニティ

トリニティとは、ヘプタグラム(7角形の図形)上で隣り合う3色のカードを組み合わせると発動されます。一枚のカードには最大で3つのトリニティ効果が発動し、パワーに+100を付与することができます。

ヘプタグラムの外周にはうっすらと色が付いており、これによって親和関係(アフィニティ)が示されます。

トリニティの効果は、2枚のカードで発動するアフィニティと異なり、3枚のカードで100ポイントのバフ(強化効果)をかけることができます。

チェーン

Cross the Ageは相手のカードを捕獲しても、攻撃が終わるわけではありません。チェーンカウンターがあると、捕獲したカードも隣接するカードに攻撃を仕掛けようとします。

各プレイヤーはチェーンカウンター1でゲームを開始します。これは、攻撃後に捕獲したすべてのカードが、自分のターン終了までに1回攻撃を試みることを意味します。

自分のリーダーカードが盤面にあり、かつ自分の手元にある場合、自分のチェインカウンターが1つ増えます。チェーンが2つあれば、はじめの攻撃から数えて合計3回連続で攻撃できる可能性があります。自分のリーダーのコントロールを失うと、チェーンを1つ失います。

Phase 1. カードは全方位に攻撃することができます。
Phase 2. 自分のカードが強ければ、相手のカードを捕獲します。
Phase 3. 捕獲したカードは、チェインカウンターによって可能な限りあらゆる方向に攻撃します。連鎖が終了すると、ターンは終了します。

Cross The Ages勝つためのポイント

アフィニティとトリニティは、ゲームでスコアを得る最も重要な方法であり、試合を有利に進めるために重要な戦略となります。

特に、トリニティは、相手のターンでも得点が入るので、トリニティを意識したプレイが必要となります。

プレイヤーはトリニティを意識してプレイする必要があり、相手に取られないように配置したり、取り返したり、あえてトリニティが作れないような置き方をするなど、さまざまな戦略が必要です。

ヘプタグラムの属性の相性に加えて、カードの親和性によって継続的にアドバンテージが得られるトリニティとアフィニティがゲームの勝利の鍵です。

これらを意識して、ゲームをプレイすることでバトルを優位に進めることができます。ぜひ、このポイントを意識してみてください。

Cross The Agesのトークン(仮想通貨)について

Cross The Agesは、Trisel、Prana、CTAトークンの3つの通貨が用意されます。

Trisel

クラフトなどのゲーム内アセット間の変換や、サウンド、エモート、カード裏面など無料デコレーションに使用されます。ゲームをプレイすることでのみで入手できます。

Prana

主にチェストや有料デコレーションなどのオフチェーンアセットを獲得するために使用されます。ゲーム内のショップで購入でき、価格は固定されています。

CTAトークン

カードのミント、取引、トーナメントへの参加、NFTカードの物理カードへの変換など、あらゆるオンチェーン活動に使用されます。ゲーム内ショップで購入でき、Pranaから変換してオンチェーンで入手可能です。価格は、取引所に上場されるまで固定されます。カードパックを購入することでCTAのAirdropやプレセールアクセス、割引などの特典もあります。NFTカードの貸し出しやステーキングでもらうこともできます。

仮想通貨$CTA(CrossTheAges)はどこで買える?取引所での買い方について解説!

仮想通貨CTA(CrossTheAges)トークンを実際に売買して取引することができます。 この記事では、仮想通貨CTA(CrossTheAges)トークンの取引所での買い方や購入方法について解説しま ...

続きを見る

Cross the Agesの稼ぎ方

Cross the Agesには主に下記の稼ぎ方があります。

  1. カードバトルでTriselを稼ぎmintingする
  2. mergingや貸し出しで稼ぐ
  3. ステーキングで稼ぐ

 (1)カードバトルでTriselを稼ぎmintingする

最も基本的な稼ぎ方になります。

PvPのデュエルで勝利や引き分けになるとTriselを獲得できます。

また、毎日ミッションをこなす事でもTriselを獲得できます。

このTriselを使えば、デジタルカードからNFTを鋳造することができます。

そのNFTをマーケットプレイス内で販売すればCTAトークンを獲得できます。

2023年にはe-Sports大会も開催される予定です。

(2)mergingや貸し出しで稼ぐ

複数枚のNFTをマージすることにより、より希少で貴重なNFTが作成されます。マーケットで高値で売れる可能性があるでしょう。

また、プレイヤーはNFTを他のプレイヤーに貸し出し、代わりにCTAトークンを獲得することもできます。

(3)ステーキングで稼ぐ

CTAトークンは、ステーキングすることができます。

Cross the Agesロードマップについて

Cross the Agesは、2026年までのロードマップをホワイトペーパーにて公開されました。

今回は、2024年注目のトピックについて紹介します。

2024年7-9月

  • シーズン3 "Rift" カードコレクションリリース
  • 東京ゲームショー出展

2024年10-12月

 ・CTARPGゲーム"Arise" アーリーアクセス開始

Cross the Ages世界大会について

Cross The Agesは、総額1000万円以上の賞金を懸けた国際大会「ヒーローズエナジー」を開催することを発表しました。

この舞台上で最も輝く第1位のプレイヤーには、賞金$15000が与えられます。

この国際大会に先駆け、日本予選が19日に開催されることが決定しました。この予選では、フランスで開催されるオフラインの世界大会への出場権が争われます。日本予選では、256人のプレイヤーが次のフェーズへ進むチャンスを掴むことができます。

参加希望者は、8月18日(金)の22時00分までにエントリーを済ませる必要があります。

誰でも参加可能で、エントリーは下記のリンクから簡単に行えます。

https://www.start.gg/tournament/heroes-legacy-yoshimoto-e-sports-qualifier/details

予選を通過した256人のプレイヤーは、次のフェーズでさらなる戦いを展開します。上位32名には、総賞金額2050ドルと3000ドル相当のプラナが贈られるほか、トーナメント限定カードも提供されます。

そして、最終戦への出場資格は、参加者が128人以上の場合の上位16人か、それ未満の場合の上位8人が得ることとなります。

この壮絶な戦いの勝者たちは、2023年11月にフランスで開催される世界大会の本戦に参加する権利を獲得します。

驚くべきことに、フランスへの渡航費は運営から全額負担されるため、プレイヤーは無料で世界大会へ参加することができます。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

Cross the Agesまとめ

Cross the Ageは、美しいグラフィックが特徴の本格的TCGです。

今後は。実物のカード販売によってNFTをあつかったことのない方でも利用しやすいトレーディングカードゲームになりそうです。

早期アクセスやトークンのエアドロップが付属したStandardパックを今のうちに購入しておくと後々大きな利益を獲得できるかもしれません。

Openseaでカードパックを購入する

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-NFTゲーム