NFTゲーム

Pegaxy(ペガクシー)の始め方・稼ぎ方を解説!仮想通貨(PXG,VIS)についても!

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

稼げると話題のNFTゲーム「Pegaxy(ペガクシー)」がどんなゲームなのか?どのように稼げるのかについてのお調べ中でしょうか?

Pegaxy(以下、ペガクシー)は、競馬をブロックチェーンゲーム化したようなゲーム。実際の競馬のようにブリード、レースなどのプレイを楽しめるのが特徴です。

この記事では、ペガクシーの概要について解説して上で、どのようにして稼ぐのか?また、実際にいくら稼げたのかをレビュー。

その上で実際の始め方についても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

Pegaxyの公式サイトへ





Pegaxy(ペガクシー)とは?

ペガクシーとは、プレイヤーが他の11人を含めた競馬レースでトップ3を競う競馬NFTゲームです。

ペガクシーで用いられるNFTをPega(以下、ペガ)と言います。レンタルまたは購入によって、競技に出場するペガNFTを取得します。

ペガには、さまざまな血統と元素クラス、および品種タイプがあります。現段階では、パフォーマンスに影響する数値は設けられておらず、ギャンブル要素が強い仕様になっています。

今後実装されるペガのパフォーマンスは、速度、強さ、属性(風、水、火、光)などの影響を受けます。ペガが競馬で勝利する可能性は、ランダムで行われるトラックの属性の一致度に依存します。

さらに、食べ物やスキルなど、レースに勝利するための戦略的な要素が今後増えていく予定です。

基本概要

ゲームタイトルPegaxy
ブロックチェーンPolygon(MATIC)
ゲームトークン$PGX $VIS
初期投資金額馬一頭分(3〜10万円程度)
日給0円〜
事前に必要・Polygon(チェーン対応のウォレット
・一定量のUSDT(Polygon(チェーン)

Pegaxyの公式サイトへ

Pegaxy(ペガクシー)の仮想通貨

ペガクシーには2つの仮想通貨があります。

基本的には、これらをゲーム内で貯めて換金するのがオーソドックスな稼ぎ方です。

$PGX

Pegaxy Stones($PGX)は、PegaxyMetaverseのガバナンストークンです。

主に下記のような用途で使用します。

  • ブリード(繁殖)
  • ペガの購入
  • ステーキング

1,000,000,000 PGXという発行上限枚数があります。

$VIS

Vigorus($VIS)は、Pegaxyエコシステム内で主に「収益」を生み出すのに使われるトークンです。

レースに勝利して得られるトークンは基本的にはこのトークンになります。

$VISには発行上限枚数はありません。

Pegaxy(ペガクシー)の稼ぎ方

現状、ペガクシーの稼ぎ方として下記の3つが挙げられます。

  1. レースで稼ぐ
  2. 馬を貸し出す
  3. 馬をブリードして転売する

レースで稼ぐ

ゲーム内で、プレイヤーは$VISを獲得し稼ぐのがオーソドックスになります。

レースでトップ3に入ると、1位105VIS、2位44VIS、3位26VISを獲得できます。

現在は、ギャンブルのように運で勝敗が決まります。しかし、今後プレイヤーの戦略的なスキルベースでレースの勝敗が決まるゲーム性になっていきます。

$VIS の価格は下記です。一般的に一頭の馬で300VIS程度毎日稼げるので、下記の値段×300をすることで大凡の1日の儲けを出すことができると思います。

馬を貸し出す

ペガクシーでは、自分の持ち馬を貸し出し、収益を得ることができます。

レースに自分の馬を出場させる時間がない人におすすめです。

ちなみに、貸し出し先が儲けた際に、あなたが受け取る収益利率は自由に設定することができます。

割と低い利率で貸し出しても借りては見つかるそうです。

馬を転売する

馬を転売することで儲けることもできます。

ただし、マーケットプレイスで売る際は下記の手数料がかかるので注意してください。

  • 通常セール:購入トークンの3%。
  • オークション:購入トークンの5%。

50$PGXでPegaをマーケットプレイスにリスト。
→Pegaが売れると、50$ PGX-1.5 $PGX = 48.5PGXをゲット

Pegaxyの公式サイトへ

Pegaxy(ペガクシー)の始め方

プレイヤーは、ゲーム内トークンであるVISを獲得するために、他の11人のレーサーと競争しながら、トップ3に入ることを目指します。

<合わせて読みたい記事>

暗号資産(仮想通貨)取引所のおすすめランキングを紹介!

これから暗号資産(仮想通貨)の取引を始めようと考えているけど、どの取引所で暗号資産を購入すればいいか悩んでいますね。 取引所選びに失敗すると、高額な手数料がかかる場合があり注意が必要です。 これから始 ...

続きを見る

STEP1:ペガを購入

ペガを購入するには、ガバナンストークン$PGXor$UDSTが必要になります。

PGXはポリゴンチェーン上で構築されているので、ポリゴンチェーンに対応したメタマスクなどのウォレットが必要です。

METAMASKをPolygonに対応させるためには、Polygonが公開している公式ブログを参照ください。

https://docs.polygon.technology/docs/develop/metamask/config-polygon-on-metamask/

ウォレットをポリゴンチェーンに接続し、ペガクシの公式サイトでウェレットを接続します。

Pegaxyの公式サイトへ

ペガの希少性について

ペガには4つの血統があり、ホズが最も希少性が高く、次にカンポナ、クリン、ザンの順で低くなります。

ホズ>カンポナ>クリン>ザン

公式サイトのマーケットプレイスで馬を購入します。

STEP2:レースを選択して出場する

ペガは1日に最大25回レースに参加できます。

Racingから「Pick a Page」をタップしてレースに出場しましょう。

勝利すると$VISを獲得できます。

Pegaxy(ペガクシー)のまとめ

ペガクシーについて解説しました。

ペガクシーでは、基本的には自分の馬をレースに参加させて稼ぐことができます。

スカラーシステムもあることから、最悪プレイしなくても、貸し出しで稼ぐこともできます。

ただし、稼げる金額は、トークンの価格などと比例するので、今後も継続して稼げるかどうかはわかりません。エコシステムを運営側がしっかり担保できるかどうかにかかっているでしょう。

この点に注意しながら、この記事を参考にペガクシーをプレイするかを吟味してみてください。

Pegaxyの公式サイトへ

  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-NFTゲーム