暗号資産

仮想通貨GXE/Gコインはどこで買える?国内取引所での買い方について解説!【XENO/ゼノ】

当サイトにはPRリンクが含まれます

keyring-exchange

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は、革新的な技術と先進的なコンセプトを持つNFTゲームです。

PROJECT XENOの仮想通貨であるGXEは、独自の価値を持ち、投資やトレードの対象として注目されています。

この記事では、公式アンバサダーにヒカル氏が就任したPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の仮想通貨GXEはどこで買える?国内取引所での買い方についても解説します。

仮想通貨GXE/XENOの概要やチャート

$GXEとは

$GXEは、ガバナンストークンです。

NFTの生成やNFTの価値を向上させることなどに使用される仮想通貨です。

ステーキングにも用いられます。

Gコイン

Gコインとは、ゲーム内で使用できるコインです。

クレジットカード、またはGXEで購入することができます。 また、クレジットカードおよびGXEで購入したGコインは、出金することができません。

Gコインの価格は、1セントの設定となります。

各コインの価格は相場によって今後変動する場合があります。

仮想通貨GXEはどこで買える?

主に日本取引所ビットポイント、海外取引所MEXC Globalで購入できます

唯一国内取引所で購入できるのはビットポイントだけです。

  • 手数料を抑えたい場合は海外取引所MEXC Global
  • 日本円ですぐに買いたい場合は国内取引所ビットポイント

基本的には、すぐに日本円でGXEを購入できる「ビットポイント」がおすすめです。

各種手数料ビットポイント
取扱銘柄数21
おすすめポイント国内で唯一GXEを取引できる
各種手数料が無料
取引手数料無料
暗号資産入金無料
暗号資産出金無料
日本円入金無料
日本円出金330円
最低出庫数量1,000GXE
GXEのブロックチェーンETH (イーサリアム)

 

GXEコントラクトアドレス

0x510975edA48A97E0cA228dD04d1217292487bea6

ビットポイント公式サイトへ

仮想通貨$GXE/Gコインの買い方

仮想通貨$GXEを購入する流れを解説します。

今回は、国内取引所ビットポイントで、$GXEの買い方について解説します。

具体的な手順一覧

  1. 国内取引所で口座開設をする
  2. 仮想通貨GXEを購入する
    <補足>Gコインを購入する

1.国内取引所で口座開設をする

はじめに、プロジェクトゼノの仮想通貨GXEが上場しているビットポイントで口座開設をしましょう。

下記の手順で、口座開設ができます。

口座開設の具体的な手順

  1. 本人確認書類の準備
  2. 口座開設申込み
  3. 申込み内容確認
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 申込み完了

ビットポイント公式サイトへ

2.日本円を入金する

口座開設が完了したら、「入出金」の項目から入金をタップします。

銀行振込を選択し、日本円を入金します。

3.仮想通貨GXEを購入する

入金が完了したら、ホームから仮想通貨GXEを選択します。

買うをタップします。

購入する金額を入力し、「確認画面へ」をクリックすればGXEを取引できます。

<補足>Gコインを購入する

Gコインとは、ゲーム内で使用できるコインです。

クレジットカード、またはGXEで購入することができます。

クレジットカードで購入する場合は、手数料が10%かかるため注意しましょう。

今回は、GXEで購入する方法を解説します。

XENO公式サイトからマイページへ進みます。

Gコインの「購入」をタップします。

ビットポイントのGXEはイーサリアムチェーンです。

ビットポイントで購入した場合は、GXE(ERC-20)をタップします。

注文する数量を設定し、取引をすれば完了です。

まとめ

PROJECT XENOの仮想通貨GXEは、革新的なプロジェクトの一環として注目を集めています。

この記事では、GXEやUXEの購入方法について詳しく解説しました。さらに、NFTの取得方法についても紹介しました。

PROJECT XENOに興味を持っている方や仮想通貨やNFTに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

*投資にはリスクが伴いますので、自己責任でお願いします。

PROJECT XENO記事一覧







  • この記事を書いた人

gemefi.town運営事業部

gamefi.townでは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」をコンセプトにブロックチェーンゲームの最新情報・稼ぎ方をご紹介しています。公式Twitterも合わせてチェック!

-暗号資産